カラダのしくみに合ったマッサージ店の選び方

心身ともリラックスできる空間

日本は「ストレス社会」、そして、美しいはずの季節の変化がからだの負荷になることも。
マッサージは、肉体的な疲労を緩和するだけでなく、心身のリラックスできる空間です。
からだが軽くなることが、気持ちを前向きに持つ要素になったりもします。

私は小学生の頃から血行が悪く、整体をはじめ、マッサージ店をあちこちと渡り歩いてきました。
心身ともに弱く、慢性疲労を抱えているからだです。

それでも少しでも楽になりたい、そう思いながらマッサージへ通ってきました。
様々なマッサージ店で凝りのしくみや疲労感が生じる要因を聞いていくうちに、少しずつからだのしくみがわかってきました。

そんな中で、からだのしくみに合った施術を選ぶのにいくつかのポイントを掴みました。
それは以下の3つです。

  1. ぐっと押し込むようなもみほぐしをしてくれるか
  2. 日常的にできるセルフケアの方法やツボを教えてくれる知識があるか
  3. 精神的な疲れにも効果的な知識があるか

①ぐっと押し込むようなもみほぐしをしてくれるか

まず①は、マッサージ施術の仕方です。

筋肉は表層筋と深層筋に分けられます。
体調不良や自律神経系が弱ることで血行が悪くなり『凝り』が生まれます。

しかし、ただ力を入れて表層筋部分の凝りをほぐすだけでは、一時的に血のめぐりが良くなる程度で終わってしまい、「からだがほぐれた」というすっきり感の効果も短く終わってしまいます。
つまり凝りや疲れの悪玉が深みに潜んだまま、ということです。

疲労が蓄積されている状態であったり、睡眠の質が悪くなるほどの負荷がかかっている状態の疲れには、深層筋までぐっと押し込むようにほぐしてもらう必要があります。

施術を受ける際に、ただ力を入れて「もむ」または「ほぐす」というだけでなく、凝りや疲れを感じる部分に浸透させるように深みからほぐしてくれるような施術であるかどうか見極めることにより、自分の疲労の度合いからからだに合ったマッサージ店を見つけることができます。

大井町マッサージ

②日常的にできるセルフケアの方法やツボを教えてくれる知識があるか

次に②は、マッサージを受ける人の疲労回復をどれくらい真剣に考えているかの積極性の度合でもあります。

マッサージ店で働く人は、未経験で始める人にも必ずからだのしくみやツボを知る研修等があるはずです。
そうした基本的知識を持った人であれば、からだを触った際にどこに疲労が集中しているか、からだのどこの部分が頻繁に使われているか、その原因は概ね検討がつきます。

デスクワークが多いなら、肩が凝りやすい、肩の筋肉は首の筋肉とも連動しているので首の筋肉を引っ張っている頭皮部分をほぐすと首から肩がほぐれやすくなる、など、日常生活の中でできるセルフケアや気を付けるべき姿勢などを的確にアドバイスできる人こそ、きちんとしたからだのしくみに関する知識があるマッサージ師であると言えます。

からだのしくみがわかる人に自分の生活習慣等を伝えることで、より効果的なマッサージを受けられるほか、自分のからだがわかり、気を付けることや日常的に取り組めるセルフケアやツボを教えてもらえ、疲れの溜まりやすい体にはとても助けになります。

③精神的な疲れにも効果的な知識があるか

最後に③です。

人のからだはとても巧みにできていて、筋肉は内臓器官や神経系とも繋がっています。
肉体労働やデスクワークだけが筋肉の収縮や血行に影響するのではありません。

内臓機能が低下すると、自律神経などに影響を及ぼし睡眠の質が悪くなることもあります。
睡眠がきちんと取れないと、精神的な疲れやすさを引き起こします。
内臓と筋肉は密接に繋がっていますので、内臓機能が低下することでその役割を肩代わりし、疲労がたまる筋肉があります。

従って、疲労の溜まった筋肉がほぐされるということは、肉体的な疲労の軽減や緩和だけでなく、内臓機能の助けや、ひいては神経系を緩める効果があります。

睡眠や気分的な作用にも影響があるということです。
内臓機能の低下や、精神的な疲労による筋肉の収縮、凝りが生じるのだとすれば、逆を言えば凝りをもみほぐすことで内臓や心の疲労を緩和することに繋がります。

こうしたからだのしくみについて知識があるマッサージ師に出会うことができれば、精神を落ち着けるハーブティーや、どのような生活習慣に取り組めばいいかを聞くことができ、肉体疲労の緩和と共にこころの健康を日常的にメンテナンスする術を知ることができます。

自分のからだのしくみを知ること

マッサージに通いながら私が感じていることは、自分のからだのしくみを知ることは重要だと言うことです。
同じ作業をしていても人のからだの疲れ方は十人十色だからです。

体質やこれまで積み重ねてきた生活習慣や生活環境で大きく異なります。
とは言え、セルフケア、セルフメンテナンスには限界があります。

時間がない、ゆとりがない、そういった状況の場合もあるからです。
自分でケアする以上の疲労を日々蓄積していることもあります。
だからマッサージに行くのです。

ただそこに自分のからだに合ったマッサージを選ぶ一工夫があれば、より効果的な疲労回復とリラックスを得ることができます。
お金を払ってその場しのぎのリラックスを求めるに終わらず、からだのしくみがわかるマッサージに出会うことで自分の疲労タイプに合ったマッサージに出会うことができます。

北区マッサージより引用)

 

こちらもおすすめ
マッサージ船橋