大人の頬ニキビは要注意!悪化を防いで早く治すコツ

大人のニキビの中でも、頬ニキビは目立ちやすく、憂鬱な存在です。

頬ニキビができると、痛みや痒みがあるだけでなく、メイクの妨げにもなってしまいます。

そんな頬ニキビを出来る限り早く治し、再発させないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか。

■頬ニキビの原因は?

大人の頬ニキビができる原因は、主に次の3点です。

1.乾燥

ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こると思われがちですが、頬のニキビは乾燥によって起こります。

皮膚が乾燥することで、肌の表面を保護してくれていた水分が失われて、ガサガサの荒れた肌になってしまいます。

すると、皮膚の毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすい状態になるのです。

2.ストレス

ストレスがたまると自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れがちになります。

女性ホルモンは、女性の肌を美しく保つために必須のものですから、バランスが崩れると肌荒れやニキビが起こってしまうのです。

3.内臓トラブル

胃腸が弱ったり、肝機能が低下することでもニキビが起こります。

人間の体には、食べたものを消化して栄養を吸収し、不要なものを排出するという機能が備わっています。

ところが、過度の飲酒や胃腸に負担の大きい食物の摂取などによって内臓に負担がかかると、こうした機能が低下してしまうのです。

すると、老廃物が体内にたまったり、肌のターンオーバーが妨げられたりして、ニキビができてしまいます。

■頬ニキビを早期に治す方法

できてしまった頬ニキビを少しでも早く治すために、正しい対処法について知っておくようにしましょう。

1.触らない

特に痛みや痒みのあるニキビの場合、ついつい気になってしまって指先で触れたり、掻いたりしてしまうことがあります。

しかし、これは、皮膚の雑菌を増やし、ニキビに余計な刺激を与えて悪化させてしまう危険な行為です。

ニキビが気になっても、ぐっと我慢して触らないようにしましょう。

また、髪の毛がニキビに触れることも雑菌の繁殖につながるため、髪はできるだけ束ねるようにしてください。

2.清潔にする

ニキビが痛むからといって顔を洗わないと、皮膚状態が一層悪化してしまいます。

朝晩、きちんと顔を洗って肌を清潔に保ちましょう。

ただし、強い刺激もニキビにとっては良くないものですから、ゴシゴシこすったり、洗顔料を泡立てずに使ったりしてはいけません。

なるべく肌に優しい、洗浄力のマイルドな洗顔料を使うようにしてください。

3.保湿する

肌に潤いを与えることで、バリア機能を回復させる効果が期待できます。

朝晩のお手入れ時にしっかり保湿ケアを行うようにしてください。

どの基礎化粧品が自分の肌に合っているのかは、使ってみなければわかりません。

人によって、合う、合わないが違いますから、自分の肌に合った、ニキビのできにくい化粧水を選ぶことが大切です。

上記3点を守った上で、「もっと早く治したい!」という場合は、皮膚科に行ってみましょう。

皮膚科では、ニキビ用の薬も処方してくれます。

皮膚科の薬は効き目も強く、即効性があるため、今すぐニキビを治したい方におすすめです。

■再発を防止するために

頬ニキビを防ぐためには、原因となっている事柄を排除する必要があります。

毎日の生活の中でニキビケアを意識するようにしましょう。

1.保湿対策

部屋の中が乾燥している時は、加湿器を使ったり、お湯を沸かしたりして湿度を60%程度に保つようにしましょう。

また、紫外線は肌に刺激を与えて乾燥の原因になります。

日焼け対策も怠らないようにしてください。

洗顔はぬるま湯で行い、洗浄力の強すぎる洗顔料は使わないように気を付けましょう。

洗顔後は、優しくタオルで水分を吸い取り、化粧水や乳液、美容液、クリームなどで肌の保湿を心がける必要があります。

2.ストレス改善

仕事や人間関係でイライラがたまっていると感じたら、積極的に遊びに行ったり、話を聞いてもらったりしてストレス改善をするようにしましょう。

アロマオイルを焚いたり、ゆったりとお風呂につかったりするのもおすすめです。

マッサージやヘッドスパなどのリラクゼーションサロンも、ゆったりとリラックスしてストレス改善をするのに役立ちます。

3.食生活の改善

食事は、体の健康を作るために欠かせないものです。

健康な皮膚を作るためにはタンパク質が必須ですし、とった栄養を効果的に使うためにはミネラルやビタミンが必要になります。

栄養バランスの良い食事をとって、健康な肌を保ちましょう。

反対に、糖分や脂質が多い食事は胃腸に負担をかけてしまいます。

甘いケーキや洋菓子が好きな女性は多いものですが、くれぐれも食べ過ぎには注意してください。

4.睡眠の改善

睡眠が不足すると、肝臓が休む時間が足りなくなり、肝機能の低下を招きます。

また、肌は睡眠中に作られるため、睡眠不足になるとてきめんに肌の状態が悪化します。

夜、あまり遅くならない時間にベッドに入るように意識してみてください。

また、質の良い睡眠を摂るためにも、眠る直前のカフェインやアルコールの摂取、食事、パソコンやスマホなどは避けましょう。

間接照明などでリラックスした空間を作り、自然と体が眠りに入っていける工夫をすることが大切です。

頬ニキビは、生活習慣と密接に結びついて出来るものです。

こうしたニキビの治し方を間違えると、クレーターのような跡になったり、いつまでも治らずに長引いてしまうこともあります。

また、内臓機能の低下や女性ホルモンの乱れは、ニキビだけではなく、他の様々なトラブルの原因にもなります。

大人の頬ニキビができてしまった時は、「たかがニキビ程度」などと思わずに、根本的な原因を排除して早期解決を目指すようにしましょう。