マッサージ店が他店と差別化するための工夫

マッサージ店の数が非常に増えているため、新規の顧客を獲得するには他店舗との差別化が欠かせません。

特に世田谷で個人経営の店舗などの場合は、自分でアイデアを出して工夫しなければなりません。

アイデアとしては価格を抑えるのが基本ですが、全国にチェーン店を持つ大手のグループより安く設定するのは困難です。

そのような大手はグループ力を活かしてあらゆる面でコストカットを実施しているからです。

そのため世田谷の個人経営のマッサージ店が生き残るには、サービス面の差別化を検討するのがセオリーといえます。

(参考)
世田谷 マッサージ 安い

そのように言われても、すでに十分なサービスを提供しているというケースもあるでしょう。

しかしマッサージの世界に限界はありません。

勉強を繰り返すことによって、自分のスキルを磨き続けることが可能です。

やる気があれば、いろいろな方法でレベルアップを行えます。

私の知り合いで世田谷区にマッサージ店を構えている人がいてますが、独自の勉強法でスキルを身につけたそうです。

たとえば各種のセラピーについて学ぶのも一つの手です。

エステサロンは美容面の向上のために利用して、マッサージ店は健康面の改善のために利用するという人が少なくありません。

しかしエステサロンのなかには、セラピーと同時にマッサージを施す店舗も増えています。

つまりサービスの領域を増やすことで、ビジネスチャンスの拡大を試みているのです。

それと同様の発想をマッサージ店もすれば良いのです。

そのためセラピーの導入などを検討するのも良いことですが、エステサロンの後追いになってしまうと新鮮味にかけてしまいます。

セラピーの調査をして、できるだけ希少性の高いものを取り入れる工夫などが求められます。

マッサージは不調の箇所の状態を改善するのが基本ですが、副次的な効果としてダイエットに成功しやすくなったり免疫力が向上したりすることもあります。

その効果を意図的に引き出したいのであれば、医学に関する知識も身に付けておいたほうが良いでしょう。

免疫力を向上させたい場合は、体へのアプローチだけでなく生活習慣も見直す必要があります。

マッサージをしているときに、生活習慣の乱れがあると感じたら改善のアドバイスをしてあげましょう。

医学の知識があれば、そのようなサービスも可能になるでしょう。

たとえば施術の間に眠ってしまう人は、睡眠不足である可能性があります。

マッサージは一方通行ではなく体の反応を感じとることも可能な行為です。

手と目を使ってお客様の体を調べ、期待されている以上のサービスを提供できれば満足度は高くなるでしょう。