知らないと恥をかく結婚式の服装

結婚式はどんな服装で行けばいい?

結婚式に招待されて最も気になるのは、どんな服装でいったらいいのかというところです。
結婚式というフォーマルな場面でのマナーを知らないと当日恥をかいてしまいますし、新郎新婦に迷惑をかけることもあります。
心から祝福するためにもきちんと正しいマナーを知って参列することが大事です。

白でコーディネートされた服で絶対に行ってはいけない

女性の場合これだけは避けなければいけない服装があります。
それは白でコーディネートされた服です。
白というのは花嫁と被ってしまうので絶対にNGですし、白は花嫁だけの特権の色と言われています。

さらにベージュとか黄色いドレスも写真の写りによっては真っ白に写ることがあるので避けるのが無難です。
過度に露出が激しい服もだめですし、動物柄とか革製品や毛皮は殺生をイメージしてしまうので避けなければいけません。

アフタヌーンドレスだと上品でシンプルでおすすめ

スカートをはくのであれば膝が隠れるくらいの長さがベストです。
タイトすぎるものだと体の線がはっきりと出てしまうので良くないです。

女性であればアフタヌーンドレスだと上品ですしシンプルなのでおすすめです。
セミアフタヌーンドレスも女性の昼の準礼装と言われているので安心して着ていくことができます。

和装も女性のフォーマルな装いの一つだと言われてて、未婚の女性であれば振袖が正礼装となります。
しかし式の主役はあくまでも新郎新婦ということを忘れてはいけません。

黒いシャツは暗いイメージを与えてしまうのでNG

男性の場合は、白やピンクなどの明るい色のスーツは新郎と被ってしまうおそれがあるので避けるべき服装になります。
また黒いシャツは暗いイメージを与えてしまうのでお祝いの場にはふさわしくありません。

ブーツはカジュアルなものとされているので注意が必要です。
また白い靴下も好ましくないと言われています。

基本はミドルの黒ソックスが基本とされていて、キャラクターものも避けないといけません。
アニマル柄も殺生を連想してしまうので女性と同じくNGです。

改めて服装のマナーを確認しましょう

男性が昼間の結婚式に着用するのであれば、ディレクターズスーツがいいとされていますが、これは主賓とか新郎新婦の父親向けの装いになります。
ブラックスーツはあらゆる冠婚葬祭に着ることができる準礼装になります。
レギュラーかもしくはウイングカラーのシャツに、シルバーなどのネクタイと合わせるといいと言われています。

結婚式は新郎新婦にとって一生に一度の大イベントです。
自分が常識外れな服装で行ってしまうと自分だけではなく新郎新婦にも恥をかかせてしまいます。
これから結婚式に参列する場合にはしっかりと服装のマナーを確認しておかないといけません。

結婚式服装マナーより引用)