マッサージ店が他店と差別化するための工夫

マッサージ店の数が非常に増えているため、新規の顧客を獲得するには他店舗との差別化が欠かせません。

特に世田谷で個人経営の店舗などの場合は、自分でアイデアを出して工夫しなければなりません。

アイデアとしては価格を抑えるのが基本ですが、全国にチェーン店を持つ大手のグループより安く設定するのは困難です。

そのような大手はグループ力を活かしてあらゆる面でコストカットを実施しているからです。

そのため世田谷の個人経営のマッサージ店が生き残るには、サービス面の差別化を検討するのがセオリーといえます。

(参考)
世田谷 マッサージ 安い

そのように言われても、すでに十分なサービスを提供しているというケースもあるでしょう。

しかしマッサージの世界に限界はありません。

勉強を繰り返すことによって、自分のスキルを磨き続けることが可能です。

やる気があれば、いろいろな方法でレベルアップを行えます。

私の知り合いで世田谷区にマッサージ店を構えている人がいてますが、独自の勉強法でスキルを身につけたそうです。

たとえば各種のセラピーについて学ぶのも一つの手です。

エステサロンは美容面の向上のために利用して、マッサージ店は健康面の改善のために利用するという人が少なくありません。

しかしエステサロンのなかには、セラピーと同時にマッサージを施す店舗も増えています。

つまりサービスの領域を増やすことで、ビジネスチャンスの拡大を試みているのです。

それと同様の発想をマッサージ店もすれば良いのです。

そのためセラピーの導入などを検討するのも良いことですが、エステサロンの後追いになってしまうと新鮮味にかけてしまいます。

セラピーの調査をして、できるだけ希少性の高いものを取り入れる工夫などが求められます。

マッサージは不調の箇所の状態を改善するのが基本ですが、副次的な効果としてダイエットに成功しやすくなったり免疫力が向上したりすることもあります。

その効果を意図的に引き出したいのであれば、医学に関する知識も身に付けておいたほうが良いでしょう。

免疫力を向上させたい場合は、体へのアプローチだけでなく生活習慣も見直す必要があります。

マッサージをしているときに、生活習慣の乱れがあると感じたら改善のアドバイスをしてあげましょう。

医学の知識があれば、そのようなサービスも可能になるでしょう。

たとえば施術の間に眠ってしまう人は、睡眠不足である可能性があります。

マッサージは一方通行ではなく体の反応を感じとることも可能な行為です。

手と目を使ってお客様の体を調べ、期待されている以上のサービスを提供できれば満足度は高くなるでしょう。

肌の潤い機能をサポートするエイジングケア用の化粧水

DUOは、クレンジングバームが有名ですが、クレンジングバームを使用している人の多くがラインで使っているのがザローションという化粧水です。

ザローションのコンセプトは、「与える・育む・守る」です。

DUOの浸透技術である「ターゲティングアクアXP」を用いて、狙ったところに的確に成分を届けます。

ターゲティングアクアXPを実現するために開発されたのが、多重層のナノカプセルです。

それぞれの層には、年齢肌に働きかける様々な美容成分が設計されており、肌に塗布するとカプセルからそれぞれの美容成分が溶け出し、必要なところにまで届けられます。

美容成分は、肌の持つ保湿機能をサポートするアカシアボタニカルペプチド・リンパの流れを改善するダーマクロレラ・肌を活性化する保湿型ビタミンC誘導体・角質層の保湿機能を正常に整えるセラミドなど、合計13種類が含まれています。

その中でも、アカシアボタニカルペプチドは、アカシアの種子を原料としており、NMF・ウォーターバリア・アクアポリンの機能を高める働きがあります。

NMFは、角質細胞にある天然保湿因子で、肌の保湿に重要な役割を果たしています。

ウォーターバリアは、細胞と細胞の隙間を埋めることで、外部から異物が肌内部に入ることを防ぎ、また、肌の水分の蒸発を防ぐことで、水分量のバランスを一定に保つよう作用します。

アクアポリンは、肌の水の循環をサポートし、潤いのある肌に整えます。

これらは、加齢と共に衰えるため、乾燥や肌荒れ、エイジングサインの原因となります。

そのため、ザローションを使うことで、肌の中の水循環が改善され、自ら潤う肌に整えられます。

また、その他のエイジングケアに特化した美容成分も同時に働き、肌質の改善が期待できます。

DUOの化粧水「ザローション」は、成分だけではなく、肌への優しさにもこだわりがあります。

旧表示指定成分・鉱物油・石油系油脂・アルコール・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・オイルフリー・増粘剤フリーを実現しています。

そして、多重層ナノカプセルに閉じ込められている美容成分は、肌に直接的に触れることなく効果を発揮するため、敏感肌の人でも安心して使用できます。

さらに、香りは女性ホルモンに働きかけ、リラックス効果をもたらすと言われる最高級クラスのダマスクローズを使用しています。

そのため、ホルモンバランスが乱れがちで、精神的に不安定になりやすい世代の女性にもおすすめです。

化粧水ランキング

基礎化粧品の役割について

基礎化粧品は女性にとって、毎日のお肌のお手入れに必要不可欠なものです。

美意識も高い女性は、毎日お肌の手入れだって欠かせません。

基礎化粧品で行うスキンケアは、外からの様々な刺激から、大切な素肌を守ることにもあります。

外的刺激というのは、紫外線であったり、摩擦や乾燥などもそうです。

そうして、内側にある潤いを守って、ハリや潤いのある素肌を維持することができます。

基礎化粧品というのは、それぞれの製品によって、肌への役割も異なります。

そんな基本も再度理解しておくとよいでしょう。

クレンジング剤というのは、お化粧や日焼け止めクリームなど、油溶性を含む汚れを、肌からオフするために使用するものです。

ですから、肌にメイクをした日の夜には、毎回クレンジングで顔を洗う必要性が出てきます。

毎日行う洗顔の役割については、水溶性の汚れをキレイ落とすことにあります。

空気の中にはホコリもありますし、肌は汗をかいたり皮脂も分泌されます。

これらを、毎日のように、毛穴からスッキリとオフします。

お化粧をする日もしない日も、関係なく毎日するのが基本です。

顔を洗ったあとのお手入れとして欠かせないのが、化粧水になります。

この役割は、保湿の成分だとか、美容成分などを、肌へとしっかり与えることにあります。

そうすることで、そのあとに塗布する、エッセンスや美容クリームの、皮膚への浸透を促す効果があります。

化粧水には、多くの水分が含まれています。

そんな水分たっぷりの化粧水で肌をケアすれば、エッセンスやクリームなんかも、より肌へのなじみが良くなります。

美容エッセンスは、美容成分を素肌へと浸透させる役割があります。

美容の有効成分が凝縮されていますから、肌悩み別に取り入れると効果的です。

ソフトで使い心地も良い乳液は、油分と水分をきちんと補うことができます。

美容クリームの役割は、肌への油分を補います。

そうすることで、素肌を柔らかい状態に維持することができます。

大人の頬ニキビは要注意!悪化を防いで早く治すコツ

大人のニキビの中でも、頬ニキビは目立ちやすく、憂鬱な存在です。

頬ニキビができると、痛みや痒みがあるだけでなく、メイクの妨げにもなってしまいます。

そんな頬ニキビを出来る限り早く治し、再発させないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか。

■頬ニキビの原因は?

大人の頬ニキビができる原因は、主に次の3点です。

1.乾燥

ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こると思われがちですが、頬のニキビは乾燥によって起こります。

皮膚が乾燥することで、肌の表面を保護してくれていた水分が失われて、ガサガサの荒れた肌になってしまいます。

すると、皮膚の毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすい状態になるのです。

2.ストレス

ストレスがたまると自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れがちになります。

女性ホルモンは、女性の肌を美しく保つために必須のものですから、バランスが崩れると肌荒れやニキビが起こってしまうのです。

3.内臓トラブル

胃腸が弱ったり、肝機能が低下することでもニキビが起こります。

人間の体には、食べたものを消化して栄養を吸収し、不要なものを排出するという機能が備わっています。

ところが、過度の飲酒や胃腸に負担の大きい食物の摂取などによって内臓に負担がかかると、こうした機能が低下してしまうのです。

すると、老廃物が体内にたまったり、肌のターンオーバーが妨げられたりして、ニキビができてしまいます。

■頬ニキビを早期に治す方法

できてしまった頬ニキビを少しでも早く治すために、正しい対処法について知っておくようにしましょう。

1.触らない

特に痛みや痒みのあるニキビの場合、ついつい気になってしまって指先で触れたり、掻いたりしてしまうことがあります。

しかし、これは、皮膚の雑菌を増やし、ニキビに余計な刺激を与えて悪化させてしまう危険な行為です。

ニキビが気になっても、ぐっと我慢して触らないようにしましょう。

また、髪の毛がニキビに触れることも雑菌の繁殖につながるため、髪はできるだけ束ねるようにしてください。

2.清潔にする

ニキビが痛むからといって顔を洗わないと、皮膚状態が一層悪化してしまいます。

朝晩、きちんと顔を洗って肌を清潔に保ちましょう。

ただし、強い刺激もニキビにとっては良くないものですから、ゴシゴシこすったり、洗顔料を泡立てずに使ったりしてはいけません。

なるべく肌に優しい、洗浄力のマイルドな洗顔料を使うようにしてください。

3.保湿する

肌に潤いを与えることで、バリア機能を回復させる効果が期待できます。

朝晩のお手入れ時にしっかり保湿ケアを行うようにしてください。

どの基礎化粧品が自分の肌に合っているのかは、使ってみなければわかりません。

人によって、合う、合わないが違いますから、自分の肌に合った、ニキビのできにくい化粧水を選ぶことが大切です。

上記3点を守った上で、「もっと早く治したい!」という場合は、皮膚科に行ってみましょう。

皮膚科では、ニキビ用の薬も処方してくれます。

皮膚科の薬は効き目も強く、即効性があるため、今すぐニキビを治したい方におすすめです。

■再発を防止するために

頬ニキビを防ぐためには、原因となっている事柄を排除する必要があります。

毎日の生活の中でニキビケアを意識するようにしましょう。

1.保湿対策

部屋の中が乾燥している時は、加湿器を使ったり、お湯を沸かしたりして湿度を60%程度に保つようにしましょう。

また、紫外線は肌に刺激を与えて乾燥の原因になります。

日焼け対策も怠らないようにしてください。

洗顔はぬるま湯で行い、洗浄力の強すぎる洗顔料は使わないように気を付けましょう。

洗顔後は、優しくタオルで水分を吸い取り、化粧水や乳液、美容液、クリームなどで肌の保湿を心がける必要があります。

2.ストレス改善

仕事や人間関係でイライラがたまっていると感じたら、積極的に遊びに行ったり、話を聞いてもらったりしてストレス改善をするようにしましょう。

アロマオイルを焚いたり、ゆったりとお風呂につかったりするのもおすすめです。

マッサージやヘッドスパなどのリラクゼーションサロンも、ゆったりとリラックスしてストレス改善をするのに役立ちます。

3.食生活の改善

食事は、体の健康を作るために欠かせないものです。

健康な皮膚を作るためにはタンパク質が必須ですし、とった栄養を効果的に使うためにはミネラルやビタミンが必要になります。

栄養バランスの良い食事をとって、健康な肌を保ちましょう。

反対に、糖分や脂質が多い食事は胃腸に負担をかけてしまいます。

甘いケーキや洋菓子が好きな女性は多いものですが、くれぐれも食べ過ぎには注意してください。

4.睡眠の改善

睡眠が不足すると、肝臓が休む時間が足りなくなり、肝機能の低下を招きます。

また、肌は睡眠中に作られるため、睡眠不足になるとてきめんに肌の状態が悪化します。

夜、あまり遅くならない時間にベッドに入るように意識してみてください。

また、質の良い睡眠を摂るためにも、眠る直前のカフェインやアルコールの摂取、食事、パソコンやスマホなどは避けましょう。

間接照明などでリラックスした空間を作り、自然と体が眠りに入っていける工夫をすることが大切です。

頬ニキビは、生活習慣と密接に結びついて出来るものです。

こうしたニキビの治し方を間違えると、クレーターのような跡になったり、いつまでも治らずに長引いてしまうこともあります。

また、内臓機能の低下や女性ホルモンの乱れは、ニキビだけではなく、他の様々なトラブルの原因にもなります。

大人の頬ニキビができてしまった時は、「たかがニキビ程度」などと思わずに、根本的な原因を排除して早期解決を目指すようにしましょう。

思春期ニキビはできない人もいる

・思春期ニキビは誰にでもできるわけではない

成長期におけるホルモンバランスの乱れにより発生するニキビ。

このようなニキビは、思春期ニキビと呼ばれています。

思春期ニキビは、誰にでもできるというわけではありません。

大人になるまで一度も思春期ニキビになることはなかったという人も、珍しくはないのです。

また思春期ニキビが出来る人の中でも、その程度には個人差があります。

思春期ニキビができる側からするとできない人が羨ましくなってしまいますが、体質の問題でもあるので仕方が無い面もあります。

・規則正しい生活をしよう

ただ全てが体質で決められるわけではなく、生活習慣の違いによって差が出ることがあります。

規則正しく、健康的に生きている人の方が思春期ニキビにはなりにくいのです。

もし睡眠時間が短くて、間食・夜食も多いというのならまずは生活習慣から正してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら思春期ニキビを未然に予防することもできるかもしれません。

・洗顔の注意点

洗顔は思春期ニキビの予防・改善に確かに効果的です。

しかし、度が過ぎると逆効果になるかもしれません。

皮脂を取るために洗顔料を使用している人が多いと思いますが、その際にゴシゴシ肌を擦っていることはありませんか?

そのような刺激の強い洗い方は、肌を傷つけることになります。

肌に刺激を与えない様に優しく洗いましょう。

また熱いお湯で洗うのも刺激が強いのと、肌に必要な分の油まで取れてしまう可能性がありますので注意が必要です。

また爪が伸びた状態で洗顔をするのは大変危険ですので、必ず爪は切っておきましょう。

・あまり深く悩まないように

思春期ニキビのほとんどは、年齢を重ねるごとに治まっていくものです。

思春期にニキビが出来ることは珍しくもなんともありませんので、本来なら恥ずかしいと思う必要もないのです。

どうしても気になるようなら病院に行きましょう。

皮膚科に行けばニキビを改善できる薬を処方してくれます。

背中ニキビと向き合ってこそ本当の美容

女性は下着を付けますが、その際どうしても蒸れてしまう事もありますし、何となく違和感があるおかげで痒さが出てきてついつい掻いてしまい、背中を傷付けてしまう事もあります。

普段人前に晒すような部分ではないのですが、パーティでドレスを着用したり水着になった時など、背中は時に大きな存在感を出すのですが、そのような時に背中が傷ついていたり、背中ニキビがあると残念な印象を与えてしまいます。

他の部分が綺麗であればあるほど、どうしても背中の印象が残念なものになってしまうのです。

ですから美容に真剣に向き合うのであれば、自分の目に入りやすい部分だけではなく、目に入らない背中も気を付けなければなりません。

むしろ背中をもっともっと真剣にケアする事で背中はより綺麗になりますし、背中を露出した際、綺麗な背中だとそれだけで印象も変わってきます。

ですが背中は先にもお話に出たように、見えづらいからこそ難しい部分があります。

例えば顔であれば、見やすいのはもちろんですが日常生活の中で意識していなくとも見る機会も多いのではないでしょうか。

お手洗いに行った時ですとか、ふと鏡を見れば顔が見えるのですから、何か異変があればすぐに気付いてケアする事が出来ます。

ですが背中の場合、日常生活の中で目に入る事はまずありません。

つまり、意識しなければならないのです。

目に入りさえすればケアする事が出来るのですから、背中ニキビが出来ていればケアする事が出来ます。

問題は気付くかどうかですが、実際背中ニキビが出来ていたらどのようにしてケアをするのか。

背中ニキビが面倒だからと潰してしまう人もいるのですが、潰すのだけは控えるべきです。

潰してしまうと背中に傷が残る事になります。

その場合、それこそ一生残る事になってしまうケースさえあります。

ちょっとした衝動のおかげで延々と悩まされる事にさえなりかねないのです。

ですので潰すのではなく、背中ニキビをケア出来るアイテムを駆使すると良いでしょう。

背中は見えないからこそ大変なのもありますが、人間が汗をかき始めるのは背中からです。

更には背中はどうしても普段は見えないだけではなく、露出する事もありませんので蒸れやすいです。

つまり、背中ニキビは案外出来やすいのです。

油断しているといつの間にか背中ニキビが出来ていますので、頻繁にチェックし、綺麗な背中を手に入れましょう。

綺麗な背中を持つ事もまた、美容の一つなはずですよ。