資金繰りの改善方法

経営

経営は資金繰りに頭を悩まされる

会社の経営者は資金繰りに頭を悩まされる人が多いです。
資金繰りが思うようにいかず会社の経営がとても苦しくなることはよくあります。

会社にある現金が不足してしまうと、仕入れをする費用や維持費などが支払えなくなります。
会社は事業が思うようにならなくなり、当然利益も減ってきます。
取引先への支払が滞ると信用がなくなり取引を打ち切られる可能性もあります。

他にも会社に現金がなくなると、従業員への給料が支払えなくなるので、有能な人材が流出することも多いです。
会社を辞めた従業員が周囲に給料が未払いなどの会社の経営状態が悪化の状態を報告するので、会社の評判が悪くなることも十分考えられます。
会社に現金がなくなると、借入などによって資金を調達することになるので、次第に借金が膨らんでしまいやがて倒産に追い込まることも多いです。

不要なコストを節約し会社の利益を増やす

資金繰りを改善することで会社にいろんなメリットが生じます。
資金不足や未回収の債権に気づきやすくなったり、不要なコストを節約するようになるので、会社の利益を増やすことができます。

※参考ページ
資金繰りを改善!資金ショートを回避する方法とは?

会社の収入や支出など会社の全体的なお金の流れをキャッシュフローと言いますが、キャッシュフローを見直すために資金繰り表を利用すると効果的です。
損益計算書では分からない実際のお金の出入りを確実に把握することができるのでとても便利です。

会社にはいろんな収益や支出が発生するので、取引先や仕入れ先が多ければ多いほど財務状況の把握が困難になります。
現金収入と現金支出を表にまとめることで、明確な財務状況がひと目でわかるようになるので便利です。

区分を分けて表を作成する

資金繰りを表にする方法としては、区分を分けて表を作成することが大事です。
区分の分け方としては前月分からの繰越金や、買掛金や支払手形などの事業に関する利益。
仕入れや人件費などの事業に関する支出と、収入合計から支出合計を引いた会社の利益。

融資などの借入金や返済金などの収支と翌月に繰越せる会社の現金に大きく分けます。
毎月このように分けた表を作成することで、会社のキャッシュフローが明確になり現在の会社の状況が把握しやすくなります。

一月単位で区切る場合と、一日単位で区切る場合がありますが、どちらが会社のキャッシュフローを把握しやすいかを考えて選択することが大事です。
もしも翌月の繰越金が0未満にいなっている場合は、資金不足や資金ショートになっている可能性が高いので、急いで対策を練る必要があります。